PowerPoint使い方講座「最短で実務レベルを習得するコース」が【無料】公開中!詳細はこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

パワポの神ツール「書式のコピペ」で仕事を爆速で片付ける方法

PowerPointの「書式のコピー&ペースト」を使いこなして超光速で仕事を片付ける方法をご紹介します。

1度設定したオブジェクトの書式は2度設定する必要はありません。書式のコピペで超効率的な作業をして定時で帰りましょう。

スポンサーリンク

書式のコピー&ペーストとは?

「書式のコピー&ペースト」のリボンでの場所は、「ホーム」タブ →「クリップボード」グループ の「書式のコピー/貼り付け」にあります。

使い方は、コピーしたいオブジェクトを選択して「書式のコピー/貼り付け」をクリックします。

カーソルの横にハケのアイコンが表示されるので、ペーストしたいオブジェクトの上でクリックします。

すると、コピー元の書式が一瞬でペーストされる超便利ツールです。

Illustratorの「グラフィックスタイル」と「スポイトツール」の逆バージョンが合わさったような機能、それが「書式のコピー&ペースト」です。

爆速!神ショートカットキー「書式のコピー&ペースト」

リボンのコマンドで書式のコピー&ペーストをしても良いのですが、更に爆速で作業するにはショートカットキーを使います。

ショートカットキーを使うことで「タブの切り替え」や「リボンまでのカーソル移動」の時間がカットできます。

それでは、「書式のコピー&ペースト」のショートカットキーをご紹介します。

  • 書式のコピー「Ctrl + Shift + C」
  • 書式のペースト「Ctrl + Shift + V」

コピーしたいオブジェクトを選択して「Ctrl + Shift + C」を押し、ペーストしたいオブジェクトを選択して「Ctrl + Shift + V」を押します。

このショートカットキーを知ったあなたは、今日から爆速プレイヤーです。

スポンサーリンク

書式のコピー&ペーストを使いこなそう!

様々な書式を設定したオブジェクトを参考に、どのようなデータで書式のコピペができるのかサンプルを順に見ていきましょう。

立体文字

Illustratorの文字もPowerPointと同じ立体文字に変更したい!

そんな時は、書式のコピペ!

Illustratorが一瞬でPowerPointの書式に染まりました。

 

作例の立体文字の作り方は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで飛び出す立体文字や図形を3D効果で作る方法
立体オブジェクトの作り方決定版!PowerPointで「飛び出す立体文字」と「文字を囲む立体図形」の…

点線

下の実線も赤い点線にしたい!

そんな時は、書式のコピペ!

点線も線幅もまるっとペースト。

テクスチャを設定した図形

塗りに斜めストライプのテクスチャを設定した図形の書式を角丸四角形にも設定したい!

そんな時は、書式のコピペ!

図形の形は書式に含まれないので、形そのままで書式だけペースト。

 

作例の斜めストライプの作り方は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで縦・斜めストライプを作り太さ調整する方法
PowerPointで太さ調整が可能な縦と斜めストライプパターン(縞模様)を作る方法をご紹介します。…

フォトフレームを付けてセピア調にした画像

下の画像もフォトフレームを付けてセピア調にしたい!

そんな時は、書式のコピペ!

色、線幅、影をまとめてペースト。フォトフレームを素材として保存しておけば、次回から別の画像も書式のコピペをするだけで楽々フォトフレーム設定できます。

まとめ

サンプルのように一つのオブジェクトに対してペーストするだけでなく、変更したいオブジェクトを全て選択してから一気にペーストすると何度も「Ctrl + Shift + V」を押さずに済むので効率的です。

「書式のコピー&ペースト」を使いこなし、無駄な作業を極限まで減らして時短を図りましょう。

仕事を爆速で片付けて、空いた時間でコーヒーブレイク(o^-^)b