【あしらいの作り方】カテゴリー新設!投稿一覧はこちら ▶︎
スポンサーリンク

PowerPointでなびく三角旗・四角旗を作る方法

PowerPointで風になびく波状の旗を作る方法をご紹介します。

旗の種類は「三角」「四角」の2パターン対応しており、なびく大きさを「強め」「弱め」と変更が可能です。

スポンサーリンク

なびく三角旗を作る

旗の部分を作る

テキストボックスに右向き黒三角「▶︎」を入力し、「塗り:黒色」に設定します。作例のフォントは「源ノ角ゴシック JP」を使用しています。

  • 上図の右向き黒三角が入力できれば、フォントの指定はありません。

テキストボックスを選択した状態で、「描画ツールの書式」タブ →「ワードアートのスタイル」グループ →「文字の効果」→「変形」→

「形状」から「波:下向き」を選択します。

すると、旗がなびいたような形状に変形します。

テキストボックスを「高さ:5cm」「幅:7cm」にリサイズします。左上の調整ハンドルを少し上げ、高さを広げて完成です。

ポールを作る

「線」を描き、書式を次のように設定します。ポール先端部の「冠頭(かんとう)」を矢印の種類で作る方法がポイントです。

  • 高さ:7cm
  • 幅:0cm
  • 線色:黒
  • 線幅:10pt
  • 始点矢印の種類:円形矢印
  • 始点矢印のサイズ:始点矢印サイズ1

設定できたら、「線」を「Ctrl + C」キーでコピーした状態で「Ctrl + Alt + V」を押し、「形式を選択して貼り付け」ダイアログを開きます。

「貼り付ける形式」から「画像(SVG)」を選択して「OK」をクリックします。

グラフィックス形式で貼り付きました。

グラフィックス形式で貼り付けると、元サイズより1.5倍拡大されてしまいます。「冠頭」部分の長さも含めて「高さ:8cm」程度にリサイズしましょう。

  • グラフィックス形式にすることで、リサイズ時に線幅が拡大縮小するようになります。
  • ポールは図形の「長方形」「円」を組み合わせて作ってもOKです。

完成

旗とポールを組み合わせて完成です。グループ化しておくと、リサイズしても形状が崩れません。

スポンサーリンク

旗を大きくなびかせる

テキストボックスを選択した状態で、「文字の効果」→「変形」から「形状」の「小波:下から上」を選択します。

旗が大きくなびいた形状になりました。

三角旗から四角旗に変える

テキストボックスに入力した右向き黒三角「▶︎」を黒四角「■」に置き換えると、なびく四角旗になります。

前項と同じようにテキストボックスに「変形」の「小波:下から上」を適用すると大きくなびきます。