【あしらいの作り方】カテゴリー新設!投稿一覧はこちら ▶︎
スポンサーリンク

PowerPointで文字を「長体」「平体」にする方法

PowerPointで文字を縦または横に伸縮させて「長体」「平体」にする方法をご紹介します。

長体・平体にするときは、テキストボックスに「文字の効果」の「変形」を適用する必要があります。

スポンサーリンク

文字を長体・平体にする

準備

長体・平体にしたい文字を用意します。作例のフォントは「源ノ角ゴシック JP Medium」を使用しています。

 

テキストボックスを選択した状態で、「図形の書式」タブ →「ワードアートのスタイル」グループ →「文字の効果」→「変形」→

「四角」を選択します。

すると、文字がテキストボックスにフィットします。

「変形」の「四角」を適用すると文字の縦横比が変わるので、必要であれば元の文字のサイズにおおよそで合わせましょう。

「変形」を適用したテキストボックスのサイズを微調整するときは、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「サイズとプロパティ」→「サイズ」→「高さ」と「幅」ボックスのスピンボタン(▲/▼)をクリックして行うと簡単です。

長体・平体にする

「変形」の「四角」を適用したテキストボックスのサイズを変更することによって

文字を長体や

平体にできます。

スポンサーリンク

文字を斜体にする

長体・平体と同じように、文字を斜体にすることも可能です。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで斜体の角度を自由に傾ける方法(左右対応)
PowerPointの文字飾りの斜体は、傾きの角度を調整できません。「もう少し緩やかな角度にしたい」…