【あしらいの作り方】カテゴリー新設!投稿一覧はこちら ▶︎
スポンサーリンク

PowerPointで文字を「長体」「平体」にする方法

PowerPointで文字を縦または横に伸縮させて「長体」「平体」にする方法をご紹介します。

長体・平体にするときは、テキストボックスに「文字の効果」の「変形」を適用する必要があります。

スポンサーリンク

文字を長体・平体にする

準備

長体・平体にしたい文字を用意します。

テキストボックスを選択した状態で、「図形の書式」タブ →「ワードアートのスタイル」グループ →「文字の効果」→「変形」→

「四角」を選択します。

テキストボックスいっぱいに文字がフィットし、長体・平体にする準備が整いました。

長体・平体にする

「四角」を適用したテキストボックスのサイズを変更することによって

文字を長体にしたり

平体にすることができます。

サイズ変更のポイント

変形後の文字の状態を確認しながらテキストボックスのサイズを変更する方法です。

テキストボックスを直接ドラッグしてサイズを変更すると、変形前の文字のプレビューが表示されてしまい、変形後のサイズ感がつかめません。

サイズを変更するときはテキストボックスを選択した状態で、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「サイズとプロパティ」→「サイズ」→「高さ」と「幅」ボックスのスピンボタン(▲/▼)をクリックすると、変形後の状態を確認しながら直感的にサイズを変更できます。

スポンサーリンク

文字を斜体にする

長体・平体と同じように、文字を斜体にすることも可能です。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで斜体の角度を自由に傾ける方法(左右対応)
PowerPointの文字飾りの斜体は、傾きの角度を調整できません。「もう少し緩やかな角度にしたい」…