【あしらいの作り方】カテゴリー新設!投稿一覧はこちら ▶︎
スポンサーリンク

PowerPointで文字を「長体」「平体」にする方法

PowerPointで文字を縦横に伸縮させて「長体」「平体」にする方法をご紹介します。

長体・平体は「文字の効果」の「変形」から設定することができます。

スポンサーリンク

文字を長体・平体にする

準備

テキストボックスに長体・平体にしたい文字を入力します。

テキストボックスを選択した状態で、「図形の書式」タブ →「ワードアートのスタイル」グループ →「文字の効果」→「変形」にマウスオーバーし、

「形状」の「四角」を選択します。

テキストボックスいっぱいに文字がフィットし、長体・平体にする準備が整いました。

長体・平体にする

「変形」の「四角」を適用したテキストボックスをリサイズすることによって

文字を長体にしたり

平体にすることができます。

リサイズのポイント

変形後の文字の状態を確認しながらテキストボックスをリサイズする方法です。

テキストボックスを直接ドラッグしてリサイズすると、変形前の文字のプレビューが表示されてしまい、変形後のサイズ感がつかめません。

リサイズするときは、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「サイズとプロパティ」→「サイズ」→「高さ」「幅」の右側にある上下の矢印ボタンをクリックすると、変形後の状態を確認しながら直感的にリサイズするとができます。

スポンサーリンク

文字を斜体にする

長体・平体と同じように、文字を斜体にすることも可能です。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで斜体を思うがままの角度に傾ける方法
PowerPointで通常の文字を斜体にする方法では傾きの角度を調整することができません。そこで、I…