パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointでペラッとめくれた付箋を作る方法

PowerPointでペラッとめくれた付箋を作る方法をご紹介します。

付箋がめくれた形状を図形の「波線」で作り、めくれた部分が浮いている感じに見えるように影をつけます。

スポンサーリンク

めくれた付箋の形状を作る

「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「図形ツール」→「星とリボン」→「波線」を選択します。

波線を「高さ:2cm」「幅:12cm」で描きます。

続いて「図形ツール」から「正方形/長方形」を選択します。

長方形を「高さ:2cm」「幅:7cm」で描き、波線と上下左右中央揃えで整列させます。

図形を全選択し、「図形の書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「重なり抽出」を選択して結合します。

めくれた付箋の形状ができました。

スポンサーリンク

めくれた付箋に影をつける

前項で作成しためくれた付箋を複製します。

付箋を「Ctrl + C」キーでコピーした状態でスライドを右クリックしてメニューを開き、「貼り付けのオプション:図」を選択します。

付箋が画像として貼り付きました。

「図の形式」タブ →「図のスタイルギャラリー」の「その他」をクリックします。

「図のスタイルギャラリー」から「透視投影、緩い傾斜、白」を選択します。

すると付箋が上図のようなスタイルになります。スタイルで適用した影のみ必要なので、その他のスタイルをなしにします。

付箋を選択し、「図の書式設定」ウィンドウ →「効果」→「3-D回転」の「リセット」をクリックします。

合わせて「塗りつぶしなし」「線なし」にし、影のみ残します。影がついた付箋を選択し、「Ctrl + Shift + C」キーで書式のコピーをします。

前項で作成した複製元の付箋を選択します。

「Ctrl + Shift + V」キーで書式のペーストをします。すると塗りが消えてしまうので元に戻します。

「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」を「塗りつぶしなし」から「塗りつぶし(単色)」を選択します。

付箋の色が元に戻り、影も適用されました。

  • 書式のペーストをしてから一度ファイルを閉じると、「塗りつぶし(単色)」を選択しても元の色には戻りません。

影の調整です。付箋を選択し、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「効果」→「影」の書式を次のように設定します。

  • 透明度:80%
  • サイズ:90%
  • ぼかし:3pt
  • 角度:10°
  • 距離:22pt

影が調整され、付箋のめくれた部分が浮いている感じに見えるようになりました。

めくれた付箋の完成です。

  • 付箋をリサイズすると影の調整も必要になります。