【あしらいの作り方】カテゴリー新設!投稿一覧はこちら ▶︎
スポンサーリンク

PowerPointで開いた本型フレームを作る方法

PowerPointで本やノートが開いた風のフレームを作る方法をご紹介します。

本が開いた形状を「文字の変形」と「図形の結合」を組み合わせて作る手順がポイントです。書店や図書館のPOPデザインなどで活用できるでしょう。

スポンサーリンク

本が開いた形状を作る

本の片側の形状を作る

テキストボックスに黒四角「◾️」を入力し、2回改行してから再度黒四角「◾️」を入力します。フォントは「源ノ角ゴシック JP」を使用しています。

  • 上図の四角形が入力できれば、フォントの指定はありません。

テキストボックスを選択した状態で、「描画ツールの書式」タブ →「ワードアートのスタイル」グループ →「文字の効果」→「変形」にマウスオーバーし、

「形状」の「凹レンズ:上、凸レンズ:下」を選択します。

 

すると、文字が上図のような形状に変形します。

テキストボックスを「高さ:5cm」「幅:3cm」にリサイズします。このテキストボックス内の白抜き部分が本の片側の形状になるイメージで進めましょう。

調整ハンドルを上に移動させて本の曲線を大きくします。曲線はお好みで調整しましょう。

本の曲線が大きくなりました。

続いて、テキストボックスから白抜き部分の本の形状を図形にして取り出します。

長方形を描いて書式を次のように設定し、テキストボックスと上下左右中央揃え(揃え方を参照)で整列させます。上図は説明用に線色を変更しています。

  • 高さ:4.5cm
  • 幅:2.5cm
  • 塗りつぶし:なし
  • 線色:黒
  • 線幅:2pt
  • 線の結合点:丸

線、テキストボックスの順に選択し、「図形の書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「切り出し」を選択して結合します。

図形がバラバラになりました。

不要な図形を削除して本の片側の形状ができました。

スポンサーリンク

開いた本の形状を作る

本の片側を複製して左右反転させます。

  • 図形の結合時に頂点のずれを防ぐため、複製した図形を左右反転しています。

2つの図形をスマートガイド機能(使い方を参照)で吸着させて上図のようにぴったり合わせます。

図形を全選択し、「図形の書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」を選択して結合します。

開いた本型フレームの完成です。