【あしらいの作り方】カテゴリー新設!投稿一覧はこちら ▶︎
スポンサーリンク

PowerPointで紙吹雪を四つ菱「❖」で作る方法

PowerPointで紙吹雪を作る方法をご紹介します。

四つ菱「❖」を「文字の変形」で歪ませると、紙吹雪がゆらめく形状が簡単に作れます。

お祝いやプレゼントキャンペーンのデザインで舞い散らしてみませんか?

スポンサーリンク

紙吹雪を作る

紙吹雪の形状を4パターン作る

文字を変形させて紙吹雪の形状にします。

テキストボックスに四つ菱「❖」を入力します。作例のフォントは「源ノ角ゴシック JP」を使用しています。

  • 上図の四つ菱「❖」が入力できれば、フォントの指定はありません。

テキストボックスを選択した状態で、「図形の書式」タブ →「ワードアートのスタイル」グループ →「文字の効果」→「変形」→

「フェード:右」を選択します。

 

すると、四つ菱が上図のような形状に変形します。この図形を散らして紙吹雪にします。

右の調整ハンドルを移動させると紙吹雪を変形できるので、お好みに設定しましょう。

これで4パターンの紙吹雪をまとめて作ることができました。

紙吹雪を分割する

紙吹雪を分割して散らせるようにします。

四つ菱の隣に四角形を描きます。

四つ菱と四角形を選択し、「図形の書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「切り出し」で結合します。

四つ菱が分割され、舞い散らせる状態になりました。

スポンサーリンク

紙吹雪を舞い散らす

紙吹雪をランダムに配置して華麗に舞い散らしましょう。PowerPointはIllustratorのようにオブジェクトを散布する機能がないので手作業で1つずつ並べます。

色もランダムに変えると紙吹雪感が増します。作例の色は次のように設定しています。

  • 赤:240,0,0
  • 黄:255,192,0
  • 緑:0,176,80
  • 青:0,112,192

紙吹雪を散らせたら使用するデザインに挿入し、バランスを見ながら微調整しましょう。

紙吹雪の完成です。