【あしらいの作り方】カテゴリー新設!投稿一覧はこちら ▶︎
スポンサーリンク

PowerPointで図形の移動間隔を細かくする方法

PowerPointで図形や画像をドラッグや矢印キーで細かく動かしたいのに、移動間隔が大きくなってしまう場合の対処法をご紹介します。

移動間隔が大きい原因は、オブジェクトがグリッドにスナップして動いているからです。

スポンサーリンク

移動間隔を確認する

「表示」タブ →「表示」グループ → 右下の「起動ツール」をクリックします。

「グリッドとガイド」ダイアログをが表示されるので「位置合わせ」の設定を確認します。

「描画オブジェクトをグリッド線に合わせる」にチェックが入っている場合、矢印キーを押すと「間隔」に設定している値、上図の場合だと「0.2cm」間隔でオブジェクトが動いてしまいます。

移動間隔を細かくする

設定

「描画オブジェクトをグリッド線に合わせる」のチェックをはずすと、オブジェクトを細かく動かせるようになります。

表示倍率による移動距離の違い

「描画オブジェクトをグリッド線に合わせる」のチェックをはずした状態であっても、スライドの表示倍率によってオブジェクトの移動距離が変わります。

表示倍率「100%」と「400%」で右矢印キーを20回押すと、上図のように移動距離の差があります。

表示倍率「100%」では「0.02cm」間隔で移動しますが、「400%」では「0.005cm」間隔でしか移動しません。

スポンサーリンク

クリックで「0.1cm」ずつ移動させる

クリックで「0.1cm」ずつ上下左右に移動させることも可能です。

「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「サイズとプロパティ」→「位置」の「横位置」「縦位置」の値の右側にある上下の三角ボタンをクリックすると、オブジェクトが上下左右に「0.1cm」間隔で移動します。