スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPoint:矢印キーで移動する間隔が大きく動く時の設定

PowerPointでオブジェクトを矢印キーで少しずつ移動させたいのに、移動する間隔が大きく動いてしまう場合の対処法をご紹介します。

間隔が大きく動く原因は、グリッドの表示をオンにすると分かりやすと思います。原因は、グリッドにスナップして動いているからです。

スポンサーリンク

「グリッドとガイド」ダイアログを確認する

「表示」タブ →「表示」グループの「右下の矢印」をクリックします。

「グリッドとガイド」ダイアログをが表示されるので「位置合わせ」の設定を確認します。

「描画オブジェクトをグリッド線に合わせる」にチェックが入っている場合、矢印キーを押すと「間隔」に設定している値、上図の場合だと「0.2cm」ずつオブジェクトが移動してしまいます。

移動する間隔を小刻みにする

「描画オブジェクトをグリッド線に合わせる」のチェックを外します。すると、スライドの表示倍率によってオブジェクトが移動する間隔は多少変わりますが、矢印キーで小刻みに移動できるようになります。