スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで図形を同じ位置に貼り付ける技「ずらしペースト」

PowerPointで図形をペースト(貼り付け)すると、縦横共に「0.42cm」位置がずれてペーストされてしまいます。

これを同じ位置にペーストして重ね合わせるテクニック「ずらしペースト」をご紹介します。

スポンサーリンク

通常のコピペ

通常、コピペするとコピー元のオブジェクトの位置から縦横共に「0.42cm」ずれてペーストされます。環境設定で変更することもできません。

この状態からコピー元と同じ位置に重ね合わせるには、スマートガイドで吸着させながら移動するか、「上揃え」「左揃え」で整列させるのが得策でしょう。※画像は分かりやすく色を変更しています。

スマートガイドの使用方法は「PowerPointのスマートガイドで図形を綺麗に揃える方法」で詳しく解説しています。

PowerPointのスマートガイドで図形を綺麗に揃える方法
PowerPointで図形を綺麗に揃える方法の1つに、Illustrator同様「スマートガイド」の…

ずれる理由

そもそもコピペするとなぜずれるのでしょうか?

それはPowerPointの特性で、同じサイズの図形やテキストボックスを同じスライドの同じ座標に重ね合わせてペーストすることができないからです。

例えば、スライド1に「10cm×10cm」の正方形が配置されていたとします。スライド2に配置された正方形と同じサイズで同じ座標にある正円をスライド1の正方形の上にペーストしようとしても見事にずれてしまいます。

きっと、選択しやすくしてあげようという開発者のやさしさからずれる設定にしたのでしょう。

PowerPointの半分はやさしさでできています。

ずらしペーストの設定

同じ位置にペーストして重ね合わせる「ずらしペースト」、略して「ずらペ」をする方法です。

「ずらペ」を始める前に、設定の確認をします。

「表示」タブ →「表示」グループの右下にある矢印をクリックします。

「グリッドとガイド」ダイアログが開くので、「描画オブジェクトをグリッド線に合わせる」にチェックが入っていれば外しましょう。これで設定は完了です。

スポンサーリンク

ずらしペースト

複製したい図形を用意します。配置位置を確認すると、スライドの左上からオブジェクトの左上の距離が、縦横方向共に「7cm」離れた位置にあります。

図形を選択し、「Ctrl + C」で一旦コピーしてから、「右矢印キー」を一度押して、図形を右に移動させます。

例では「0.01cm」移動していますが、スライドの倍率によって移動距離が変動するので、この後の作業は倍率を変えずに進めましょう。

コピー元を移動させた後、「Ctrl + V」でペーストします。複製した図形の位置は、コピー元の最初の位置と同じになります。※画像は分かりやすく色を変更しています。

選択を解除すると、コピー元と複製した図形がずれているのが確認できます。

確認のため選択を解除しましたが、ペーストした直後、「右矢印キー」を一度押して、複製した図形を右に移動させましょう。

コピー元と複製した図形が同じ位置で重なり合いました。ずらしペーストは、整列やスマートガイドを使うよりも手数が少なく元の画像と同じ位置に重ね合わせることができます。

超時短!最速で同じ位置にペーストする方法「PowerPoint VBA オブジェクトを同じ位置にペーストするマクロ」も合わせてご参考にしていただければ幸いです。

PowerPoint VBA オブジェクトを同じ位置にペーストするマクロ
PowerPointでオブジェクトをペースト(貼り付け)すると、縦横共に「0.42cm」位置がず…