PowerPointについての「よくあるご質問」はこちらからご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPoint VBA 2つの配列を結合するマクロ

PowerPointやExcel VBAを使い、2つの配列をJoin関数とSplit関数で1つの配列に結合するマクロをご紹介します。

スポンサーリンク

2つの配列を結合するマクロ

コード

Sub 配列を結合()

    Dim varArray1 As Variant
    Dim varArray2 As Variant
    Dim varArray3 As Variant
    
    '配列
    varArray1 = Array("パワポ1", "パワポ2", "パワポ3")
    varArray2 = Array("パワポ4", "パワポ5", "パワポ6")
    
    '配列を結合
    varArray3 = Split(Join(varArray1, vbCrLf) & vbCrLf & Join(varArray2, vbCrLf), vbCrLf)
    
    '配列の要素を確認
    Dim myData As Variant
    
    For Each myData In varArray3
    
        Debug.Print myData
        
    Next myData

End Sub

まず、Join関数で配列「varArray1」と「varArray2」を1つの文字列にします。その文字列をSplit関数で改行コード「vbCrLf」ごとに区切り、配列「varArray3」に格納しています。

'配列を結合
varArray3 = Split(Join(varArray1, vbCrLf) & vbCrLf & Join(varArray2, vbCrLf), vbCrLf)

実行結果

実行結果は次の通りです。

パワポ1
パワポ2
パワポ3
パワポ4
パワポ5
パワポ6