パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointでマクロ実行エラー時に強制終了させるコード

PowerPoint VBAでマクロ実行中エラーが発生した時に、強制終了させるコードをご紹介します。

「On Error GoTo」ステートメントと「Exit Sub」を使い、Subプロシージャを抜けてマクロを終了させます。

スポンサーリンク

実行エラー時に強制終了するマクロ

コード

Sub 実行エラー時マクロ終了()

    '実行エラー時にOutへ
    On Error GoTo Out
    
    '図形の色を変更する
    ActiveWindow.Selection.ShapeRange.Fill.ForeColor.RGB = RGB(0, 0, 0)
    
Out:
    'マクロ終了
    Exit Sub
End Sub

マクロを強制終了させるには、「On Error GoTo」ステートメントと「Exit Sub」を使います。エラーが発生したら行ラベル「Out:」まで処理が移動し、「Exit Sub」でSubプロシージャを抜けてマクロを終了させます。

解説

前項のコードで強制終了コードを記述しないで実行した場合、オブジェクトを選択せずに実行すると下図の「実行時エラー」ダイアログが開きます。

強制終了コードを挿入しておくと、エラーが発生してもダイアログが開かないので、終了ボタンを押して閉じる手間が省けます。