スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointでかすれたスタンプ(ハンコ)を作る方法

PowerPointでスタンプ(判子、印鑑)を作成し、「かすれ加工」をする方法をご紹介します。

「かすれテクスチャ」を使うことで、様々な図形を”かすれ”させることが可能です。

スポンサーリンク

合格スタンプを作成する

「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「図形ツール」→「基本図形」の「円:塗りつぶしなし」を選択します。

「高さ:5cm」「幅:5cm」「塗り:赤」で描きましょう。

調整ハンドルを外側に移動して、円の塗りを細くします。

縦書きで「合格」の文字を円の中央に配置します。フォントは、「UD デジタル 教科書体 NK-B」を使用しています。

文字をアウトライン化して拡大縮小に対応させる

PowerPointはIllustratorと異なり、図形とフォントサイズを同時に拡大縮小できません。拡大縮小した図形に合わせて、フォントサイズも調整する必要があります。この手間を省くために文字をアウトライン化しておきます。

文字をアウトライン化する方法はこちらをご参考にしてください。

PowerPointでフォント(文字)をアウトライン化する方法
PowerPointでフォント(文字)をアウトライン化する方法をご紹介します。フォントの埋め込みや画…

文字をアウトライン化して「押印スタンプかすれなしバージョン」の完成です。

スポンサーリンク

かすれテクスチャを作成する

 

正方形を「高さ:5cm」「幅:5cm」で描いて「Ctrl + X」でカットします。

スライドを右クリックしてメニューを開き、「貼り付けのオプション」→「図」を選択します。

見た目は変わりませんが、図形から画像に変わりました。

画像を選択し、「図ツールの書式」タブ →「調整」グループ →「アート効果」→「線画」を選択します。

続いて、「図の書式設定」→「効果」→「アート効果」→「透明度:0%」に変更します。

画像がかすれました。

続いて、かすれ度を調整します。

画像を選択し、「図の書式設定」→「図」→「図の修整」→「鮮明度:-50%」「コントラスト:100%」に変更します。

かすれが落ち着きました。

続いて、白色部分を透過させます。

画像を選択し、「図ツールの書式」タブ →「調整」グループ →「色」→「透明色を指定」をクリックします。

カーソルが「魔法のペン」に変わるので、画像の白色部分にカーソルを合わせてクリックします。

背景が透過されました。黒色部分は見やすくするための背景色です。

これで、「かすれテクスチャ」の完成です。

スポンサーリンク

スタンプにかすれ加工をする

「かすれテクスチャ」を「Ctrl + C」でコピーし、円と文字の図形を選択します。

続いて、「図の書式設定」→「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」の設定を以下に変更します。

  • 塗りつぶし:塗りつぶし(図またはテクスチャ)
  • 図の挿入元:クリップボードをクリック(コピーした図形が挿入されます)
  • 図をテクスチャとして並べるにチェック(図形がタイル状に並びます)

テクスチャが反映されて「かすれスタンプ」の完成です。