スポンサーリンク

千鳥の相席食堂風「ボッテガモザイク」を写真にかける方法

PowerPointで千鳥の相席食堂風「ボッテガモザイク」を写真にかける方法をご紹介します。「ボッテガモザイク」とは、相席食堂で誕生したモザイクの名称です。

スポンサーリンク

ボッテガとは?

「ボッテガ」とは、正式には「ボッテガ・ヴェネタ」というイタリアを代表する高級ラグジュアリーブランドの名前で、VTR中のモザイクが、同ブランドのバッグや財布に施された革紐の編み込みのように見えたため、ノブが「ボッテガ」みたいと例えたことから、「ボッテガモザイク」と名付けられました。

モザイクの範囲を指定する

今回は野菜嫌いの人のために、野菜にボッテガモザイクをかけていきます。モザイク用の写真を作成するため、写真を複製し、元の写真の上に整列で重ね合わせましょう。

写真を選択した状態で、「図の形式」タブ →「サイズ」グループ →「トリミング」→「図形に合わせてトリミング」→「楕円」を選択します。

続いて、写真を選択した状態で、「図の形式」タブ →「サイズ」グループ →「トリミング」アイコンをクリックします。

上に重ねた方の写真が、楕円形にトリミングされているのが確認できます。

調整ハンドルでトリミングしたい範囲に縮小します。

スポンサーリンク

ボッテガモザイクをかける

写真を選択した状態で、「図の形式」タブ →「調整」グループ →「アート効果」→「パッチワーク」を選択します。

続いて、「図の書式設定」→「効果」→「アート効果」→「グリッドサイズ:10」に変更します。

ボッテガモザイクがかかりました。

境界線がクッキリしているので馴染ませます。

写真を選択した状態で、「図の書式設定」→「効果」→「ぼかし」→「サイズ:10pt」に変更します。

ボッテガモザイクが写真に馴染みました。

通常のモザイク

「アート効果」を「パッチワーク」から「ぼかし」に変更すれば、通常のモザイクにも変更が可能です。