スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointでTwitterのプロフィールとヘッダー画像を作る方法

PowerPointでTwitterのプロフィール画像とヘッダー画像の作成方法をご紹介します。

作成サイズの単位は「pixel」ですが、PowerPointのサイズは「cm」が基準なので「pixel」から「cm」に変換が必要となります。「pixel」から「cm」への変換は、変換サイトを利用すると良いでしょう。

推奨サイズについては、Twitterのヘルプセンターに記載されている「プロフィール画像のアップロードについてのヘルプ」をご覧ください。

スポンサーリンク

ファイルの解像度の設定をする

まずは推奨サイズに合うようにファイルの解像度の設定をします。

「ファイル」タブ →「オプション」→「PowerPointのオプション」ダイアログを開きます。

「PowerPointのオプション」ダイアログの「詳細設定」→「イメージのサイズと画質」の設定を以下に変更します。

  • 「ファイル内のイメージを圧縮しない」のチェックを外す
  • 既定の解像度:96ppi

以上の設定でプロフィール画像とヘッダー画像のテンプレートを作成します。

スライドサイズをプロフィール画像の推奨サイズにする

Twitterのプロフィール画像推奨サイズにスライドサイズを変更します。

「デザイン」タブ →「ユーザー設定」グループ →「スライドのサイズ」→「ユーザー設定のスライドのサイズ」をクリックします。

「スライドのサイズ」ダイアログが表示されます。

Twitterのプロフィール画像の推奨サイズは「幅:400px」「高さ:400px」になります。これを「cm」に変換して、スライドサイズを「幅:10.58cm」「高さ:10.58cm」にします。

プロフィール画像推奨サイズのスライドサイズができました。プロフィール画像は円形にトリミングされるので青線の内側に収まるようにデザインしましょう。

スポンサーリンク

スライドサイズをヘッダー画像の推奨サイズにする

Twitterのヘッダー画像推奨サイズにスライドサイズを変更します。

Twitterのヘッダー画像の推奨サイズは「幅:1500px」「高さ:500px」になります。これを「cm」に変換して、スライドサイズを「幅:39.69cm」「高さ:13.23cm」にします。

ヘッダー画像推奨サイズのスライドサイズができました。

作成データをJPEGかPNGで保存してTwitterへアップロードしましょう。