スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPoint「映え括弧」で見出しを目立たせる方法

括弧は文字として“「」”と入力するのが通常ですが、これをPowerPointの図形を使って見映えが良い「映え括弧」に変身させる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

普通の括弧

フォント「源ノ角ゴシック JP Normal」で括弧を入力しました。馴染みのあるいたって普通の括弧です。この普通の括弧を“映え”させていきましょう。

図形ツールで括弧を作成する

「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「図形ツール」→「基本図形」の「L字」を選択します。

「高さ:2cm」「幅:2cm」「塗りつぶしなし」「線幅:1pt」で描きましょう。

中央上の調整ハンドルを左へ、中央左を下へ移動させます。

線だけの図形になり映え括弧の完成です。

映え括弧を回転させて文字のコーナーに配置します。文字サイズに合わせて括弧も好みのサイズにリサイズしましょう。

リサイズするときは「図形の書式設定」→「図形のオプション」→「サイズとプロパティ」→「サイズ」の「縦横比を固定する」にチェックを入れておくと等倍でリサイズができて便利です。

調整ハンドルを広げると二重括弧にも変更ができます。

映え括弧は見出しなどの目立たせたい文字に使うと効果的です。