【あしらいの作り方】カテゴリー新設!投稿一覧はこちら ▶︎
図形の変更

PowerPointで正六角形をSmartArtで作る方法

PowerPointの図形「六角形」では、全ての辺の長さが等しい正六角形を描くのは困難です。そこで「SmartArt」と「図形の結合」を使い、華麗に正六角形を作るテクニックをご紹介します。
2021.07.31
矢印

PowerPointで下線吹き出しをグラフで作る方法

PowerPointでシンプルで使いやすい下線吹き出しの作り方をご紹介します。吹き出しのしっぽを「グラフ」で作り、図形の「線」を組み合わせて簡単に長さ調整できるようにします。
2021.12.05
グラフ

PowerPointでスライドや円を自動計算で等分する方法

PowerPointでスライドを自動計算で3等分、4等分(縦2×横2)などに四角形で分割する方法をご紹介します。通常、スライドサイズを等分したい列や行数で割った四角形を作る必要がありますが、「表」ツールを使うと簡単に処理が行えます。
2021.09.26
あしらいの作り方

PowerPointで図形・枠線・直線を手描き風にする方法

PowerPointで図形・枠線・直線を「スケッチ」で手描き風にする方法をご紹介します。「スケッチ」は、オブジェクトに手描き風のラフな線を適用できる機能です。「スケッチ」適用後の処理がポイントです。手書き風文字や手描き風イラストにもできます。
2021.09.18
あしらいの作り方

PowerPointでかわいい抜け感フレームを作る方法

PowerPointでかわいいデザインに使いやすい「抜け感フレーム」を作る方法をご紹介します。抜け感フレームは、図形の組み合わせで作ることができます。ポイントとなる抜け感は、「開いた枠線」や「ずらした図形」で演出します。
2021.08.19
図形の変更

PowerPointでひらめきアイコンを作る方法

PowerPointでひらめきアイコン(気づきアイコン)を作る方法をご紹介します。ひらめきアイコンは注目させたいオブジェクトに添えるだけでワンポイントになり、お手軽に目立たせることができる「あしらい」です。
2021.06.20
あしらいの作り方

PowerPointでシンプルリボンを作る方法

PowerPointの図形のリボンは、幅を広げると両端の切り込みが鬼のように深くなってしまいます。そこで「矢印:山形」を使い、切り込みの深さがほどよいシンプルリボンの作り方を2パターンご紹介します。
2021.11.03
あしらいの作り方

PowerPointで開いた本型フレームを作る方法

PowerPointで本やノートが開いた風の本型フレームの作り方をご紹介します。文字の黒四角「■」をアーチ状に変形させて本が開いた形状を作る手順がポイントです。書店や図書館のPOPデザインにいかがですか?
2021.09.01
図形の変更

PowerPointで21、51以上の黒丸白丸数字を作る方法

PowerPointでオリジナルの黒丸数字・白丸数字を作る方法をご紹介します。環境依存文字で黒丸数字は「20」、白丸数字は「50」までしか入力できません。数字・桁・色・フォントが自由に設定できるオリジナルの囲み数字を作りましょう。
2021.08.09
あしらいの作り方

PowerPointで紙がめくれた風ページカールを作る方法

PowerPointで紙の端がクルンとめくれた風のページカール付きフレームの作り方をご紹介します。紙は図形の「四角形:1つの角を切り取る」を使用し、紙のカールした部分は文字の黒三角「▲」を変形させて作ります。
2021.08.01
スポンサーリンク