パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

パワポでMS Pゴシックの縦書き括弧がPDFでずれる時の回避テク

PowerPointで「MS Pゴシック」の縦書き括弧をPDFに変換すると、文字と重なってずれてしまう不具合があります。

スライド画面や印刷プレビューでは確認ができず、PDF変換後に発覚するので注意が必要です。

スポンサーリンク

MS Pゴシック縦書き括弧のずれの原因

下図のようにMS Pゴシックの縦書き括弧をPDFに変換すると、下の文字と重なってずれてしまいます。

原因は「MS Pゴシック」がプロポーショナルフォント(文字毎に文字幅が異なるフォント)だからです。PowerPointには、プロポーショナルフォントの括弧がPDF変換時にずれる不具合があるのです。

なので「MS P明朝」もずれますし、他のプロポーショナルフォントにもずれるフォントがあります。ずれるか否かはスライド画面では分からないので、PDFに変換して確認する必要があります。

あるよ!縦書き括弧のずれ対処法

等幅フォントに置き換える

1番手っ取り早い方法は、プロポーショナルフォントの「MS Pゴシック」から等幅フォントの「MS ゴシック」に置き換えることです。「MS P明朝」は「MS 明朝」に置き換えます。その他のずれるフォントも同じフォント名の等幅フォントがあれば置き換えましょう。

しかし、プロポーショナルフォントから等幅フォントに置き換えるとずれは解消されますが、字間が変わってしまうので、置き換え後は体裁の崩れがないかチェックが必要です。

ずれるフォントのまま回避する

ずれるプロポーショナルフォントのまま、縦書き括弧のずれを回避する方法です。

テキストボックスを選択し、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「効果」→「3-D回転」→「X方向に回転」を「1°」に設定します。「文字のオプション」の「3-D回転」に設定してもOKです。

「1°」程度の回転なら文字の見た目もほぼ変わりません。

ずれるプロポーショナルフォントをPDFに変換しても括弧がずれなくなりました。「3-D回転」を設定したテキストボックスは、画像データとしてPDFに変換される為にずれを回避できます。画像化されるのでPDF上でのテキスト選択はできません。

メイリオなどのPDF変換で位置ずれするフォントも上記の方法で回避できます。