PowerPoint使い方講座「最短で実務レベルを習得するコース」が【無料】公開中!詳細はこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPoint VBA JPG/PNG/PDFで選択スライドを保存するマクロ

PowerPoint VBAを使い、JPG/PNG/PDFで選択中のスライドをファイル名をつけて指定フォルダーに保存するマクロをご紹介します。

全スライドを保存するのではなく、現在選択しているスライドのみを保存します。

スポンサーリンク

選択中のスライドを保存するマクロ

JPG保存

Sub JPG保存()

    ActiveWindow.View.Slide.Export "C:\Users\ユーザー名\Desktop\ファイル名" & ".jpg", "JPG"

End Sub

PNG保存

Sub PNG保存()

    ActiveWindow.View.Slide.Export "C:\Users\ユーザー名\Desktop\ファイル名" & ".png", "PNG"

End Sub

PDF保存

Sub PDF保存()

    ActiveWindow.View.Slide.Export "C:\Users\ユーザー名\Desktop\ファイル名" & ".pdf", "PDF"

End Sub

保存先までのパスを指定する

「C:\Users\ユーザー名\Desktop」の部分は、保存先までのパスを指定してください。

保存先にフォルダーを指定する場合は、フォルダーを「Shift + 右クリック」でメニューを開き、「パスのコピー」をして貼り付けると簡単です。