PowerPoint使い方講座「最短で実務レベルを習得するコース」が【無料】公開中!詳細はこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPoint VBA オブジェクトを同じ位置にペーストするマクロ

PowerPointでオブジェクトをペースト(貼り付け)すると、縦横共に「0.42cm」位置がずれてペーストされます。Illustratorでは、「Ctrl + F:全面へペースト」をすることで、コピー元と同じ位置にペーストすることが可能です。

PowerPointで「Ctrl + F」を押すと、「検索」ダイアログが開きます。

PowerPointでもIllustratorと同じように、オブジェクトを同じ位置にペーストできるマクロをご紹介します。

 

スポンサーリンク

オブジェクトを同じ位置にペーストするマクロ

Sub オブジェクトを同じ位置にペースト()

    Dim n As Long
    Dim msg As String
    
    '選択中のスライド番号を取得
    n = ActiveWindow.Selection.SlideRange.SlideIndex

    '選択中のオブジェクトをコピー
    With ActiveWindow.Selection
    
        'オブジェクトが選択されていない場合はマクロ終了
        If .Type = ppSelectionNone _
        Or .Type = ppSelectionSlides Then
        
            'メッセージ
            msg = "オブジェクトを選択してください。"
            MsgBox msg
            Exit Sub
            
        End If
    
        With .ShapeRange
        
            'オブジェクトをコピー
            .Copy
            'コピー元の位置を代入
            x = .Top
            y = .Left
            
        End With
    End With
        
    'オブジェクトをペースト
    With ActivePresentation.Slides(n).Shapes.Paste
    
        'コピー元の位置に移動
        .Top = x
        .Left = y
        
    End With
End Sub

実行手順

複製したい図形や画像を選択した状態でマクロを実行します。