目的別に探せる【PowerPoint逆引き辞典】公開中 ▶︎

PowerPointでタグフレームを作る方法

スポンサーリンク

PowerPointでタグフレームを作る方法をご紹介します。

台紙の形状は図形の「四角形:上の2つの角を切り取る」で作り、紐は文字の黒丸「●」を変形させて作ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台紙を作る

「ホーム」タブ →「図形描画」→「四角形:上の2つの角を切り取る」を選択します。

「四角形:上の2つの角を切り取る」を「高さ:8cm」「幅:3cm」で描き、左に「90°」回転させます。

正円を「高さ:0.5cm」「幅:0.5cm」で描き、上図のように台紙の紐を通す穴の位置に配置します。

「Shift」キーを押しながら「台紙」→「正円」の順に選択し、「図形の書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「型抜き/合成」をクリックします。

台紙に紐を通す穴が開きました。説明のため背景色を変更しています。

お好みで穴を補強する金具を配置して台紙の完成です。

紐を作る

テキストボックスに「游ゴシック」で黒丸「●」を入力します。

テキストボックスを選択した状態で、「図形の書式」タブ →「ワードアートのスタイル」グループ →「文字の効果」→「変形」→

「フェード:上」を選択します。

すると、黒丸が上図のような形状に変化します。

調整ハンドルをテキストボックスの中央までドラッグします。

続いて、テキストから図形に変換します。

テキストボックスを「Ctrl + Shift」キーを押しながら右にドラッグして複製します。

2つのテキストボックスを左揃え(揃え方を参照)で配置し、「図形の書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」をクリックします。

テキストから図形に変換されました。

図形を右に「90°」回転し、書式を次のように設定して紐の完成です。

  • 高さ:3.5cm
  • 幅:1cm
  • 塗り:なし
  • 線色:ベージュ(RGB:153,102,51)
  • 線幅:4pt
  • 線の結合点:丸

完成

台紙と紐を組み合わせてタグフレームの完成です。

  • 紐と穴の金具はリサイズに応じて線幅を調整する必要があります。