PowerPointで線幅と効果を図形と一緒に拡大縮小する方法

スポンサーリンク

図形の線幅や効果の値も一緒に拡大縮小したい場合、Illustratorでは拡大縮小ツールにある「線幅と効果も拡大縮小する」のチェックで設定の切り替えができます。

PowerPointにはその設定はありませんが、別の方法で対応することが可能です。

スポンサーリンク

通常の拡大縮小

通常、図形を拡大縮小しても線幅と効果の値は変わりません。

線幅と効果も拡大縮小

図形をコピーし、「ホーム」タブ →「クリップボード」グループ →「貼り付け」→「形式を選択して貼り付け」をクリックします。

「形式を選択して貼り付け」ダイアログの「図(拡張メタファイル)」を選択して「OK」をクリックします。

図形から図となり、線幅と効果の値も一緒に拡大縮小できるようになりました。

パスの情報を保っているため、拡大により図が荒れることはありません。

  • 図として保存すると元には戻せないので、必要に応じて元データを残しておきましょう。