PowerPoint使い方講座「最短で実務レベルを習得するコース」が【無料】公開中!詳細はこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで線幅と効果も図形と一緒に拡大縮小する方法

PowerPointで図形を拡大縮小する時に線幅や効果の値は連動して拡大縮小してくれません。

Illustratorでは、拡大縮小ツールにある「線幅と効果も拡大縮小する」の設定で切り替えができますが、PowerPointにはその設定がないため別の方法で対応します。

スポンサーリンク

通常の拡大縮小

通常、図形を拡大縮小しても線幅と効果の値は変わらないのでバランスが崩れてしまいます。

線幅と効果も拡大縮小

図形をコピーし、「ホーム」タブ →「クリップボード」グループ →「貼り付け」→「形式を選択して貼り付け」をクリックします。

「形式を選択して貼り付け」ダイアログの「図(拡張メタファイル)」を選択して「OK」をクリックします。

図形を図として貼り付けることにより、線幅と効果の値も連動して拡大縮小できるようになりました。

「図(拡張メタファイル)」はパスの情報を保っているため、拡大により図が荒れることはありません。

  • 図として保存すると元には戻せないので、必要に応じて元データを残しておきましょう。

拡大縮小した線幅の値を調べる

「図(拡張メタファイル)」で貼り付けた図形を拡大縮小した時の実際の線幅の値が何ポイントなのかを調べる方法をご紹介します。

図にした状態から図形に戻すために「Ctrl + Shift + G」を押してグループ化を解除します。

「これはインポートされた図で、グループではありません。Microsoft Office描画オブジェクトに変換しますか?」と聞かれるので「はい」を選択します。

すると、線の図形、塗りの図形、モノクロ2階調化された影の画像に分解されました。

線を選択して線幅を確認してみると「9.88pt」になっています。拡大縮小後の線幅を正確に求めることができました。