スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointでルーラーの不要なタブを全削除する方法

PowerPointでテキストボックスをコピペで使い回していると、コピー元で設定していたルーラーのタブが不要になり、設定をすべてクリアしたい場合があります。

不要なタブをドラッグしてルーラー外に移動させることで削除は可能ですが、タブが複数設定されていたり、テキストボックス外に隠れていたりすると、削除するのが手間になります。

そこで、ルーラーの不要なタブを一括で全削除する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

タブ位置を確認する

テキストボックスを選択すると、ルーラーにタブが設定されているのが確認できます。より詳細にタブ位置を確認していきます。

「ホーム」タブ →「段落」グループ →「右下の矢印」をクリックします。

「段落」ダイアログが開くので、「タブとリーダー」をクリックします。

「タブ」ダイアログが開くので、「タブ位置」を確認します。すると、ルーラーには3つのタブが設定されているように見えましたが、4つ目がテキストボックス外に隠れているのが確認できます。

タブをすべてクリアする

「タブ」ダイアログの「すべてクリア」をクリックします。

「クリアされるタブ」に「すべて」と表示されるので、「OK」をクリックしてクリア完了です。

テキストボックスの揃えを変更した際に、意図しない位置に文字が移動した場合は、不要なタブが入っている可能性があるので、タブ位置を確認し、クリアすると良いでしょう。