パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで図形のリボンをおしゃれにリボーンする方法

PowerPointの図形の「リボン」は細かな調節ができないので使い勝手がよくありません。特にリボンの端にある三角の切込の深さの調節ができないのが残念です。

そんなリボンを図形を組み合わせて「おしゃれリボンにリボーン(生まれ変わり)」させる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

図形を組み合わせてリボンを作成する

両サイドの切込リボンを作成する

「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「図形ツール」→「ブロック矢印」の「矢印:山形」を選択し、以下の設定で描きます。

  • 高さ:1cm
  • 幅:2cm
  • 色:RGB(160,0,0)

作りたての山形は山の角度が鋭利なので、右上の調整ハンドルを少し右(上図参照)に移動させて山の角度を緩やかにしましょう。

図形を選択して「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の編集」の「頂点の編集」を選択します。

中央右の頂点にマウスオーバーさせてカーソルの形が変わったら、「右クリックメニュー」→「頂点の削除」を選択します。

右側の山が平地になり「切込リボン」ができました。

影リボンを作成する

「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「図形ツール」→「基本図形」の「直角三角形」を選択し、以下の設定で描きます。

  • 高さ:0.8cm
  • 幅:0.2cm
  • 色:黒
  • 色の透明度:60%
  • 左へ「90°」回転させて上下反転

描いた「直角三角形」を切込リボンの右下揃えで配置してリボンの影にしましょう。これを「影リボン」と名付けます。

帯リボンを作成する

「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「図形ツール」→「四角形」の「正方形/長方形」を選択し、以下の設定で「帯リボン」を描きます。

  • 高さ:1cm
  • 幅:3cm
  • 色:RGB(200,0,0)

描いた帯リボンを影リボンに吸着させて左揃えで配置しましょう。これでリボンの半分が完成しました。

スポンサーリンク

色変更に対応できるリボンにする

赤だけでなく、様々な色に対応できるリボンに変更します。

切込リボンと帯リボンを選択して下にコピーしましょう。それぞれ「上リボン」「下リボン」と名付けます。

上リボンの処理

上リボンの帯リボンの重なり順を最背面にして、切込リボンと帯リボンを選択します。

「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」を選択して結合します。

図形が接合されました。

下リボンの処理

下リボンを①切込リボン → ②帯リボンの順に選択します。

  • 選択順によって結合結果が変わります。

2つの図形を選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「単純型抜き」を選択して結合します。

作例のように型抜きができたら、「色:黒」「透明度:80%」に設定します。

リボンを完成させる

2つの図形ができたら上リボンと下リボンを重ね合わせましょう。

リボンの左側ができました。全選択してグループ化しましょう。

図形をコピーして左右反転させ重ね合わせるとリボンの完成です。

左右のリボンを横にスライドさせるとリボンの長さが変更できます。

もっと長いリボンにしたい場合は「継ぎ足しリボン」で連結させましょう。

色を変えると全体の色も変わるので、使い回しが効くデータになっています。

以上が「おしゃれリボン」の作成方法です。

おつかれさまでした(^^)