PowerPointのおすすめフリー素材サイトはこちら ▶︎

Excelの表をPowerPointに貼り付ける5つの方法

スポンサーリンク

Excelの表をPowerPointに貼り付ける方法をご紹介します。

直接コピペする方法以外に「元の書式を保持して貼り付け」「埋め込み」「図として貼り付け」「テキストのみ保持して貼り付け」が選択できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

貼り付け先のスタイルを使用して貼り付け

上図のようなExcelの表をPowerPointに貼り付けます。

表を選択して「Ctrl + C」キーでコピーします。

PowerPointを開き、「Ctrl + V」キーを押すとPowerPointのスタイルを使用して表を貼り付けることができます。

表はPowerPoint上で編集可能です。

元の書式を保持して貼り付け

Excelの書式を保持して貼り付ける方法です。

Excelの表をコピーした状態でPowerPointのスライドを右クリックしてメニューを開き、「元の書式を保持して貼り付け」をクリックします。

Excelの書式を保持して貼り付けることができました。

表はPowerPoint上で編集可能です。

Excelの表を埋め込んで貼り付ける

Excelの表を埋め込んで貼り付ける方法です。

上図のようなテーブルにした表を貼り付けるときは、埋め込んで貼り付けると効果的です。

Excelの表をコピーした状態でPowerPointのスライドを右クリックしてメニューを開き、「埋め込み」をクリックします。

すると、テーブル機能を保持したままスライドに貼り付けることができます。

貼り付けた表をダブルクリックするとPowerPoint上でExcelが起動し、編集できる状態になります。

図として貼り付ける

Excelの表を画像として貼り付ける方法です。

Excelの表をコピーした状態でPowerPointのスライドを右クリックしてメニューを開き、「図」をクリックします。

すると、画像として貼り付けることができます。

画像なので表の編集はできません。

テキストのみ貼り付ける

表のスタイルをなくしてテキストデータとして貼り付ける方法です。

Excelの表をコピーした状態でPowerPointのスライドを右クリックしてメニューを開き、「テキストのみ保持して貼り付け」をクリックします。

テキストデータのみを貼り付けることができました。

セルとセルの間はタブが挿入されます。