【あしらいの作り方】カテゴリー新設!投稿一覧はこちら ▶︎
スポンサーリンク

PowerPointでマジックペン風手書きフォントを作る方法

PowerPoint 2019から追加された「スケッチ」でマジックペンで書いたような手書き風フォントを作る方法をご紹介します。

文字に「スケッチ」を適用するときは、「図形の結合」で文字をアウトライン化してから行う必要があります。

スポンサーリンク

文字をアウトライン化する

手書き風にしたい文字を用意します。丸ゴシック系のフォントを選ぶと手書き感が増します。作例のフォントは「源柔ゴシックX Normal」を「80pt」で使用し、「文字の間隔:広く」に設定しています。

  • フォント「源柔ゴシック」のダウンロードはこちら

文字の線には「スケッチ」が設定できないので、アウトライン化して図形に変換します。

テキストボックスを「Ctrl + Shift」キーを押しながら下にドラッグして複製します。

2つのテキストボックスを上揃え(揃え方を参照)で配置します。

2つのテキストボックスを選択した状態で、「図形の書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」をクリックします。

文字がアウトライン化されて図形に変換されました。

文字を手書き風にする

アウトライン化した文字を選択した状態で、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「線」→「色:赤」「スケッチスタイル:フリーハンド(激しい)」を設定します。

  • 説明のため線色を変更しています。

アウトライン化した文字にフリーハンドの線が設定されました。文字のサイズによってフリーハンドの線の形状が変化します。

フリーハンドを設定したままでは塗りと線にずれがあるので、2つのパスが同じ形状になるように変更します。

アウトライン化した文字を[Ctrl + Shift]キーを押しながら下にドラッグして複製します。

2つのアウトライン化した文字を上揃えで配置します。

2つのアウトライン化した文字を選択した状態で、「図形の書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」をクリックします。

塗りと線のパスが同じ形状になりました。

赤線を消して手書き風フォントの完成です。マジックペンで書いたような筆圧の強弱がついたフォントになりました。

線のみにするのもおすすめです。

スポンサーリンク

小刻みに震える手書き風アニメーションを作る

前項のマジックペン風フォントを使って、小刻みに震える手書き風アニメーションを作ります。

作り方は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで小刻みに震える手書き風GIFアニメを作る
PowerPointで文字やイラストの線が小刻みに震える「手書き風アニメーションGIF」を作る方法を…