パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで震えるマジックペン風フォントを作る方法

PowerPoint 2019から追加された「スケッチ」機能を使い、マジックペンで書いたような手書き風フォントを作る方法をご紹介します。

文字のパスをIllustratorのラフ効果を適用したようなランダムな波状にし、線の震えを演出します。

スポンサーリンク

テキストの準備

ペンの太さが中くらいになるような丸ゴシックを用意します。なければお好みのフォントでOKです。

上図のフォントは「源柔ゴシックX Normal」を「80pt」で使用しています。

  • フォント「源柔ゴシック」のダウンロードはこちら

文字のパスを波状にする

文字をアウトライン化する

文字のパスを「スケッチ」で波状にし、線を震わせます。文字の線には「スケッチ」の設定ができないので、文字をアウトライン化して図形にします。

まずは、テキストボックスを複製します。

2つのテキストボックスを上下左右中央揃えでピッタリ重ね合わせます。

2つのテキストボックスを選択し、「図形の書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」を選択して結合します。

文字がアウトライン化されて図形になりました。

スポンサーリンク

スケッチを設定する

文字がアウトライン化されたので「スケッチ」を設定できるようになりました。

アウトライン化した文字を選択し、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「線」を「色:赤色」「幅:1pt」に設定し、「スケッチスタイル」の1番下の「フリーハンド」を選択します。

「線色」と「線幅」は見やすくする為の設定なので、お好みでOKです。

アウトライン化した文字にフリーハンドの線が設定されました。文字の大きさによってフリーハンドの線の形状が変化するので、お好みのサイズで作りましょう。

フリーハンドを設定したままでは塗りと線にずれがあるので、塗りと線のパスが同じ形になるように変更します。

アウトライン化した文字を複製します。

2つのアウトライン化した文字を上下左右中央揃えでピッタリ重ね合わせます。

2つのアウトライン化した文字を選択し、「図形の書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」を選択して結合します。

塗りと線のパスが同じ形になりました。

線をなしにして、震えるマジックペン風フォントの完成です。
震えながら書いたような、筆圧の強弱がしっかりついたフォントになりましたね。

線だけの設定にしても使いやすそうです。