スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointでお洒落かわいいマスキングテープを作る方法

PowerPointでもかわいい素材を作りたい!そんなあなたに、メモ用紙や写真をとめるアイテムとして大活躍!お洒落かわいいマスキングテープ、略して「おしゃかわマステ」の作成方法をご紹介します。

スポンサーリンク

マスキングテープの形を作成する

長方形を「高さ:2cm」「幅:6cm」「塗り:ピンク(RGB:255,102,153)」で描きます。

二等辺三角形を「高さ:0.2cm」「幅:0.4cm」「塗り:黒」で描きます。右に「90°」回転させて長方形の左上揃えで配置します。

隣り合う二等辺三角形を吸着させながら「0.4cm」ずつ下へ4回複製します。左側が完成したら、長方形の右側にも複製した二等辺三角形を反転させて配置しましょう。

図形を全選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「単純型抜き」を選択して結合します。

二等辺三角形の部分がカットされ、マスキングテープのギザギザ面ができました。

ドット柄の素材を作成する

マスキングテープの塗りに設定するドット柄の素材を作成します。Illustratorのパターンスウォッチと同じように、作成した素材をタイル上に並べてパターンにします。

正円を「高さ:0.5cm」「幅:0.5cm」「塗り:黒」で描きます。

正円を選択して「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の編集」の「頂点の編集」をクリックします。

「頂点の編集モード」になりました。

中央下の頂点にマウスオーバーさせてカーソルの形が変わったら、「右クリックメニュー」→「頂点の削除」をクリックします。

底辺のパスがふっくらした半円になりました。

底辺のパスにマウスオーバーさせてカーソルの形が変わったら、「右クリックメニュー」→「線分を伸ばす」をクリックします。

半円になりました。

正方形を「高さ:2cm」「幅:2cm」「塗り:ピンク(RGB:255,102,153)」で描き、正方形の上下左右の中央に半円を配置します。「整列」を使って綺麗に並べましょう。

半円を全て選択し、「塗り:白」「透明度」を「50%」に変更します。以上でドット柄の素材が完成しました。

スポンサーリンク

マスキングテープをドット柄で塗りつぶす

作成したドット柄の素材を全選択して「Ctrl + C」でコピーします。マスキングテープを選択して「図の書式設定」→「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」の設定を以下に変更し、ドット柄で塗りつぶします。

  • 塗りつぶし:塗りつぶし(図またはテクスチャ)
  • 図の挿入元:クリップボードをクリック(コピーした図形が挿入されます)
  • 図をテクスチャとして並べるにチェック(図形がタイル状に並びます)
  • 幅の調整:50%(横方向のサイズ調整)
  • 高さの調整:50%(縦方向のサイズ調整)
  • 配置:中央(パターンの位置調整)

ドット柄のマスキングテープが完成しました。

マスキングテープの長さを調整する

幅を変更して長くすると、ギザギザも長くなってしまうときの対処法です。

マスキングテープを複製して、長くしたい分だけ横にスライドします。

ドット柄のズレを修正します。2つのマスキングテープを選択し、「図形の結合」→「接合」を選択して結合します。

マスキングテープが長くなりました。

マスキングテープを半透明にする

マスキングテープでポラロイド風写真を壁に貼りつけました。マスキングテープを「透明度:20%」に変更するとクリアな感じになりより質感を出すことができます。

ポラロイド風写真の作り方は「PowerPointでポラロイド風フォトフレームの作り方」で詳しく解説しています。

PowerPointでポラロイド風フォトフレームの作り方
PowerPointで写真にポラロイド風フォトフレームの装飾をつけてオシャレに演出する方法をご紹介し…