PowerPointについての「よくあるご質問」はこちらからご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで「和風な雲のシルエット」を作る方法

PowerPointで「和風な雲のシルエット」を図形の結合で作る方法をご紹介します。

様々な雲のバリエーションが作れるように、パーツの組み合わせで雲の形が変形できるようにします。

スポンサーリンク

グリッドを使用する

グリッドの表示をオンにして、オブジェクトをスナップさせながら作成していきます。

「表示」タブ →「表示」グループ → 右下の「起動ツール」をクリックします。

「グリッドとガイド」ダイアログをが表示されるので、「描画オブジェクトをグリッド線に合わせる」と「グリッドを表示」にチェックを入れます。

雲のメインパーツを作成する

図形ツールの「四角形:角を丸くする」を「高さ:2cm」でグリッドに沿って描きます。左上の調整ハンドルを右いっぱいまで移動し、両端を円形にしましょう。

これが、雲のメインパーツになります。

雲の連結パーツを作成する

「高さ:2cm」「幅:4cm」の「長方形」を作成します。

雲のメインパーツを複製し、「高さ:2cm」「幅:4cm」に変形します。

グリッドに沿って、長方形の中央の位置から重ね合わせます。

長方形 → 雲のメインパーツの順に選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「単純型抜き」を選択して結合します。

連結パーツの右側ができました。

複製、左右反転、繋ぎ合わせてグループ化し、雲の連結パーツの完成です。

スポンサーリンク

パーツを組み合わせて雲を作成する

雲のメインパーツをグリッドのマス目を1つ飛ばして、上下に2つ並べます。お好みで幅や左右の位置を変えましょう。

雲のメインパーツの間に雲の連結パーツを配置して完成です。

パーツの組み合わせによって、様々な雲の形に変形ができます。