スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointでスピード感のある集中線を二等辺三角形で華麗に描く

PowerPointでは回転してコピーができないため、集中線の作成には少しコツが必要です。

今回は「10°」ずつ回転させた位置に線が入る集中線を「二等辺三角形」の図形を使って作成する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

二等辺三角形で集中線を描く

 

スライドサイズを「幅:20cm」「高さ:20cm」にします。

アタリ罫を作成します。「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「図形ツール」の「線」を描きます。

「線」を「高さ:20cm」で描いて「5°」回転させます。複製して反転させ中央揃えで整列させます。これをアタリ罫にします。

次に「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「基本図形」の「二等辺三角形」を描きます。

「二等辺三角形」を「高さ:10cm」にし、スライドの中央下揃えに配置します。幅はアタリ罫に合わせて調節します。合わせると「幅:1.8cm」になりました。

アタリ罫を削除します。図形が上下対称になるように複製し、グループ化します。

グループ化した図形をコピーして「20°」ずつ回転させ、中央揃えをしながらクルッと一周配置していきましょう。

集中線の元となる図形が綺麗に作成できました。後で「塗りつぶしのグラデーション」を図形全体に設定したいので、バラバラの図形を1つの図形にします。

グループ化していると「図形の結合」ができないので、全ての図形のグループ化を解除します。

図形を全選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」を選択して結合します。

円形では使いにくいので正方形にカットしましょう。「正方形」を「高さ:10cm」「幅:10cm」で描いてスライドの中央に配置します。

図形を全選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「重なり抽出」を選択して結合します。

正方形にカットされた集中線の図形ができました。

スポンサーリンク

スピード感をつける

「図形の書式設定」→「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」の設定を以下に変更します。

  • 塗りつぶし:塗りつぶし(グラデーション)
  • 種類:放射
  • 方向:中央から
  • グラデーションの分岐点:
    ・左の分岐点:白 / 位置:0% / 透明度:50%
    ・右の分岐点:オレンジ / 位置:100% / 透明度:50%

次に集中線の背景を作成します。「正方形」を「高さ:10cm」「幅:10cm」で描き、「図形の書式設定」→「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」の設定を以下に変更します。

  • 塗りつぶし:塗りつぶし(グラデーション)
  • 種類:放射
  • 方向:中央から
  • グラデーションの分岐点:
    ・左の分岐点:白 / 位置:0% / 透明度:50%
    ・右の分岐点:オレンジ / 位置:60% / 透明度:0%

集中線の下に背景を重ね合わせて、スピード感のある集中線の完成です。

色変更やリサイズが自由にできるので素材として保存しておきましょう。