目的別に探せる【PowerPoint逆引き辞典】公開中 ▶︎

PowerPointでイラレ風ブラシを使う方法

スポンサーリンク

PowerPointでIllustrator風のチョークブラシやペイントブラシを使う方法をご紹介します。

PowerPointにブラシで描く機能はありませんが、アイコン機能からブラシのイラストが使えるので活用しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブラシを挿入する

「挿入」タブ →「図」グループ →「アイコン」をクリックします。

ブラシのイラストは「イラスト」タブから「描く」で検索するとヒットします。

8種類のイラレ風のブラシを使うことができます。

  • ブラシを挿入しすぎるとPowerPointの動作がもっさりするので注意が必要です。

ブラシは大きなプレースホルダーで囲まれた状態で挿入されます。

これでは使いにくので、ブラシを選択した状態で「Ctrl + Shift + G」キーを押してグループ化を解除します。

するとプレースホルダーがブラシにフィットします。

グループ化を解除すると鬼のようにパーツが分裂するブラシもあります。

そんなときは「図形の結合」→「接合」をしておくと1つの図形として扱えます。

イラレに同じブラシが存在する!?

挿入できるブラシの中にはイラレと全く同じ形状のブラシがあります。

上図の左側の3つのブラシは、下図のIllustratorで挿入できる「木炭・鉛筆ブラシ」と「ペイントブラシ」一覧にも存在します。

イラレ風ではなくイラレのブラシが使えてしまいます。