スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPoint:二重袋文字でチラシ風特別価格を作成する方法

PowerPointでの袋文字(縁文字)の作り方は、昔のIllustrator風にテキストボックスを二重にし、下の文字の線幅を太らせて作ります。現在のIllustratorではアピアランスを使用して1つのテキストボックスで袋文字を作るのが通例です。

テキストボックスを重ねた分、修正しづらいデータ作りになるので、できればPowerPointでも1つのテキストボックスで袋文字を作りたいなと思います。

そこで、1つのテキストボックスで作る「一重袋文字」と「二重袋文字」、さらに「チラシ風特別価格文字」の作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

できるだけ太いフォントを使用する

できるだけ太いフォントで袋文字にしたい文字を用意しましょう。作例のフォントは「Komika Poster」を「60pt」で作成しています。

  • フォント「Komika Poster」のダウンロードはこちら

一重袋文字を作成する

「線幅:4pt」「線の結合点:丸」に変更します。

  • 線幅を太くすると塗りが痩せるので、塗りが崩れない程度に設定しましょう。

以上で「一重袋文字」の完成です。

二重袋文字を作成する

「図形の書式設定」→「文字のオプション」→「文字の効果」→「3-D書式」の設定を以下に変更します。

  • 奥行き
    ・サイズ:0.5pt
  • 輪郭
    ・色:黒
    ・サイズ:2pt
  • 輪郭のサイズを上げると線幅が細くなるので、線幅が消えないように設定しましょう。

以上で「二重袋文字」の完成です。

スポンサーリンク

チラシ風特別価格文字を作成する

ドロップシャドウを入れて数字を強調し、特別価格感を演出しましょう。

「図形の書式設定」→「文字のオプション」→「文字の効果」→「影」の設定を以下に変更します。

  • 色:黒
  • 透明度:0%
  • サイズ:100%
  • ぼかし:0pt
  • 角度:60°
  • 距離:3pt

以上で「チラシ風特別価格文字」の完成です。

おつかれさまでした(^^)