スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで同じ図形を連続描画できるロック機能

PowerPointで同じ図形を連続で10個、20個と描きたい時に知っていると便利なテクニック「エンドレスシェイプ」をご紹介します。

通常なら、図形を一度描くと選択が解除されるため、もう一度描きたい図形を再選択する必要があります。しかし、「エンドレスシェイプ」を使うと、再選択する必要がなく、同じ図形を連続で描くことが可能になります。

スポンサーリンク

図形の設定をデフォルト値に保存する

どの図形でも良いので適当なサイズで描き、連続描画したい設定に変更します。続いて、図形にマウスオーバーさせ、右クリックでメニューを開き、「既定の図形に設定」をクリックします。

「既定の図形に設定」をすることで、「図形のオプション」で設定した値が保存され、次回から描く図形に反映されます。

連続描画したい図形をロックする

「図形ギャラリー」で連続描画したい図形にマウスオーバーさせ、右クリックでメニューを開き、「描画モードのロック」をクリックします。

同じサイズの図形を連続描画する

ロックした状態でスライドをクリックすると、同じサイズの図形が連続描画できます。サイズの指定はできません。

ランダムサイズで連続描画する

ドラッグしながら描画することでランダムサイズの図形が連続描画できます。

ロックの解除

図形ギャラリーのロックした図形をクリックするとロックが解除できます。または、別スライドに移動することでもロックが解除できます。