【あしらいの作り方】カテゴリー新設!投稿一覧はこちら ▶︎
スポンサーリンク

PowerPointで画像をイラスト化するならカットアウト効果で

PowerPointで画像をイラスト化するときはアート効果を使います。その中でも「カットアウト」が処理後の不自然さも少なく使いやすいのでおすすめです。

お手軽に画像をお洒落イラストに加工したいときは「カットアウト」を試してみましょう。

スポンサーリンク

カットアウトでイラスト化する

イラスト化したい画像を用意します。

「カットアウト」効果を設定した時に、色の階調が潰れすぎないようにある程度綺麗な画像を使いましょう。

画像を選択し、「図ツールの書式」タブ →「調整」グループ →「アート効果」の「カットアウト」を選択します。「カットアウト」はPhotoshopの「ポスタリゼーション」のような効果を適用できます。

「カットアウト」の初期設定は、色の階調が少なく潰れ気味になるので調整をします。

画像を選択し、「図の書式設定」ウィンドウ →「効果」→「アート効果」の「影の数」を調整します。「影の数」は最大値の「6」がおすすめです。

色の階調が増えてよりアーティスティックな感じになりました。

Photoshopなどの画像編集アプリを使わずに、PowerPointで簡単イラスト加工ができました。

元の画像の状態に戻す

一度イラスト化した画像もすぐに元の状態に戻すことができるので安心です。

画像を選択し、「図ツールの書式」タブ →「調整」グループ →「図のリセット」をクリックすると元の画像の状態に戻ります。