Illustrator代替機能

スポンサーリンク
PowerPoint初級テク

PowerPointでスライド外のアートワークを非表示にする方法

PowerPointでスライド外からはみ出したオブジェクトを全て非表示にし、印刷対象のオブジェクトのみをプレビューできるスクリーンモードにする方法をご紹介します。Illustratorの「プレゼンテーションモード」の代替機能です。
2020.01.11
PowerPoint中級テク

パワポのスライドマスターとレイアウトでレイヤー分けをする方法

PowerPointにはレイヤー機能はありませんが、スライドマスターとレイアウトをレイヤーとして上手に活用すれば作業効率がアップします。スライド、スライドマスター、レイアウトを3階層のレイヤーとして考え、Illustratorのようにレイヤー分けをする方法を解説します。
PowerPoint神業

PowerPointでゼリーやグミの様な艶がある文字を作る方法

PowerPointでエフェクト文字を作る講座!今回はゼリーやグミの様な艶があってプルプルとした立体文字を作る方法をご紹介します。体に悪そうだけど、ついつい食べたくなるアメリカ産のグミの質感を表現していきましょう。
2020.01.17
スポンサーリンク
PowerPoint神業

PowerPointで「乗算」風に図形の重なりの色を再現する方法

PowerPointで乗算したい時ありませんか?画像の乗算はできませんが、PowerPointでも簡単な図形ならIllustratorで描画モードを乗算にした様に再現する方法があります。乗算で重なった部分の色は「乗算後の色をRGB値に変換するツール」で設定します。
PowerPoint初級テク

PowerPoint「図形の結合」図形の選択順による結果の違い一覧

PowerPointの「図形の結合」ですが、図形の選択順によって色や形の結合結果が異なるのをご存知でしょうか?Illustratorの「パスファインダー」は図形の重なり順を基準としているのに対し、PowerPointは図形の選択順を基準としています。
2019.12.10
PowerPoint中級テク

PowerPoint「囲み文字」で文字を四角や丸で囲む方法

PowerPointで文字を四角「□」や丸「○」で囲んで「囲み文字(囲い文字)」を作り目立たせる方法をご紹介します。PowerPointには囲み文字の機能はありませんが、文字と図形を組み合わせてデザイン性に優れた囲み文字を作ることが可能です。
2020.01.11
PowerPoint神業

PowerPointで飛び出す立体文字を3D効果で作る方法

PowerPointでドロップシャドウではなく「3D」効果を使い、文字に斜め45°の影をつけて奥行きがある「飛び出す立体文字」を作る方法をご紹介します。
2020.01.16
PowerPoint中級テク

PowerPointで線幅と効果も図形と一緒に拡大縮小する方法

PowerPointで図形を拡大縮小する際、線幅や効果の値は連動して拡大縮小してくれません。Illustratorでは拡大縮小ツールにある「線幅と効果も拡大縮小する」の設定で切り替えができますが、PowerPointにはその設定がないため別の方法で対応します。
2019.12.28
PowerPoint神業

PowerPointでギンガムチェックのパターンを作る方法

PowerPointでギンガムチェックのシームレスパターンを作る方法をご紹介します。Illustratorでは図形をスウォッチに登録してパターンを作成しますが、PowerPointでも同じようなことができます。
2020.01.19
PowerPoint神業

PowerPointで塗りなしの線だけ文字の影に塗りを入れる方法

PowerPointで線だけの文字に対して効果の影の設定をすると影も線だけになってしまいます。影を塗りつぶしたい場合、通常ならテキストボックスを2つ重ねて作るのですが、線だけの文字に設定した影の塗りを塗りつぶす神業があるのでご紹介します。
2019.11.14
スポンサーリンク