Illustrator代替機能

スポンサーリンク
PowerPoint初級テク

PowerPoint「図形の結合」図形の選択順による結果の違い一覧

PowerPointの「図形の結合」ですが、図形の選択順によって色や形の結合結果が異なるのをご存知でしょうか?Illustratorの「パスファインダー」は図形の重なり順を基準としているのに対し、PowerPointは図形の選択順を基準としています。
2019.12.10
PowerPoint神業

PowerPointで飛び出す立体文字を3D効果で作る方法

PowerPointでドロップシャドウではなく「3D」効果を使い、文字に斜め45度の影をつけて奥行きがある「飛び出す立体文字」を作る方法をご紹介します。
2019.11.14
PowerPoint中級テク

PowerPointで線幅と効果を図形と一緒に拡大縮小する方法

図形の線幅や効果の値も一緒に拡大縮小したい場合、Illustratorでは拡大縮小ツールにある「線幅と効果も拡大縮小する」のチェックで設定の切り替えができます。PowerPointにはその設定はありませんが、別の方法で対応することが可能です。
2019.09.29
スポンサーリンク
PowerPoint神業

PowerPointでギンガムチェックのパターンを作る方法

PowerPointでギンガムチェックのシームレスパターンを作る方法をご紹介します。Illustratorでは図形をスウォッチに登録してパターンを作成しますが、PowerPointでも同じようなことができます。
PowerPoint神業

PowerPointで塗りなしの線だけ文字の影に塗りを入れる方法

PowerPointで線だけの文字に対して効果の影の設定をすると影も線だけになってしまいます。影を塗りつぶしたい場合、通常ならテキストボックスを2つ重ねて作るのですが、線だけの文字に設定した影の塗りを塗りつぶす神業があるのでご紹介します。
2019.11.14
PowerPoint中級テク

PowerPointでフラッグガーランドを作る方法

PowerPointでシンプルかわいい「フラッグガーランド」を作る方法をご紹介します。Illustratorでは、フラッグのオブジェクトを「ブラシ」に登録して作ることが可能です。PowerPointでは、文字の「アーチ」効果を応用して作ります。
2019.11.14
PowerPoint神業

PowerPointでアーガイルチェック柄のパターンを作る方法

PowerPointでアーガイルチェック柄のシームレスパターンを作る方法をご紹介します。今回は秋冬をイメージしたレトロな感じのアーガイルチェック柄を作成します。
2019.11.14
Illustrator代替機能

PowerPointで作れるIllustratorと同じ機能一覧

Illustratorと同じ機能、もしくは似た機能がPowerPointではどの場所にあるかを解説します。IllustratorユーザーがPowerPointを始めるときに知っていると作業がスムーズに行えるでしょう。
2019.11.14
PowerPoint神業

PowerPoint VBA フォントをアウトライン化するマクロ

PowerPointでフォント(文字)を一瞬でアウトライン化する夢のマクロを作成しました。Illustratorのように、ボタンひとつでアウトライン化が可能です。
2019.11.14
PowerPoint神業

PowerPointでかすれたスタンプ(ハンコ)を作る方法

PowerPointでスタンプ(判子、印鑑)を作成し、「かすれ加工」をする方法をご紹介します。「かすれテクスチャ」を使うことで、様々な図形を"かすれ"させることが可能です。
2019.11.14
スポンサーリンク