パワポのおすすめフリー素材サイトはこちら▶︎

吹き出し&フレーム

PowerPointで下線吹き出しをグラフで作る方法

PowerPointでシンプルで使いやすい下線吹き出しの作り方をご紹介します。吹き出しのしっぽを「グラフ」で作り、図形の「線」を組み合わせて簡単に長さ調整できるようにします。
図形の結合

PowerPointで図形・枠線・直線を手描き風にする方法

PowerPointで図形・枠線・直線を「スケッチ」で手描き風にする方法をご紹介します。「スケッチ」は、オブジェクトに手描き風のラフな線を適用できる機能です。「スケッチ」適用後の処理がポイントです。手書き風文字や手描き風イラストにもできます。
図形の変更

PowerPointで漫画風集中線を作る方法

PowerPointで線の長さ・太さ調整ができる漫画風集中線の作り方をご紹介します。集中線を1本ずつ並べて作るのは効率的ではありません。「SmartArt」で線を並べて、より簡単に作りましょう。
図形の結合

PowerPointで波線・省略線をグラフやマクロで作る方法

PowerPointで波線や省略線(なみなみ線・正弦波)を作る方法をご紹介します。波線は図形の「曲線」でも描けますが、手動のため綺麗に描くことが困難です。そこで、グラフやマクロを使ってきれいな波線を自動で作りましょう。
吹き出し&フレーム

PowerPointで図形に太線と細線の囲み罫をつける方法

PowerPointの図形に二重線を設定して太線と細線の囲み罫をつける方法をご紹介します。2種類の二重線を使い分けることによって、囲み罫を太線・細線に切り替えることが可能です。
中級テクニック

PowerPointで実線を部分的に点線にする方法

PowerPointで実線を部分的に点線にして、それぞれの長さを自由自在に調整する方法をご紹介します。図形の線で作ると調整が手間になるため、テキストの下線(アンダーライン)をうまく利用して作るテクニックです。
クイックアクセスツールバー

PowerPointで目次のページ番号をリーダー線でつなげ揃える方法

PowerPointで目次の項目とページ番号を「リーダー線」でつなげ、ページ番号を綺麗に揃える方法をご紹介します。タブと下線を組み合わせて調整しやすいリーダー線を作りましょう。三点リーダー「…」を使わないのがポイントです。
装飾

PowerPointで点線を丸くして間隔を調整する方法

PowerPointで図形の点線を丸くする方法をご紹介します。合わせて、点線の間隔の調整方法や点線が印刷などでずれる時の対処法を解説します。点線を丸くすると柔らかい印象になり、「かわいいデザイン」や「ポップなデザイン」におすすめです。
頂点の編集

PowerPointでジグザグ線や階段をグラフ・マクロで作る方法

PowerPointでジグザグ線(ギザギザ線)の作り方をご紹介します。図形の「フリーフォーム:図形」で整ったジグザグ線を手動で描くのは困難です。そこで、グラフやマクロを使って自動できれいなジグザグ線を作りましょう。階段とジグザグパターンの作り方も解説します。
テキストの扱い方

PowerPointで文字の塗りと線をずらして版ずれさせる方法

印刷時に特定の色がずれる状態「版ずれ」。ずれてるだけで、なんだかオシャレでかわいく見えて、レトロな感じも演出できます。そんなレトロかわいい「版ずれ文字」や「版ずれ図形」をPowerPointで作る方法をご紹介します。