【あしらいの作り方】カテゴリー新設!投稿一覧はこちら ▶︎
スポンサーリンク

PowerPointで文字のベースラインを下げて1文字ずつずらす方法

PowerPointで文字のベースラインを下げて1文字ずつずらし、ジグザグ文字にする方法をご紹介します。

文字のベースラインを調整すると文字サイズが縮小されてしまうので、元に戻す対処法がポイントになります。

スポンサーリンク

文字のベースラインを下げる

ジグザグにしたい文字を用意します。作例のフォントは「源ノ角ゴシック JP」を使用し、余白をすべて「0cm」(設定方法を参照)に設定しています。

ずらしたい文字を選択した状態で、「Ctrl + T」キーを押して「フォント」ダイアログを開きます。

「下付き」にチェックを入れて「相対位置:-30%」に設定し、「OK」をクリックします。「相対位置」の値によって下がる位置が変動するので、お好みで設定しましょう。

  • ベースラインを上げたいときは「上付き」にチェックを入れます。

文字のベースラインが下がりました。しかし、フォントサイズが縮小されたので元に戻します。

  • 上付き下付き文字にする機能のため、フォントサイズが縮小されます。

縮小された文字を選択し、元のフォントサイズになるように拡大します。

元のフォントサイズに合わせる方程式は、「元のフォントサイズ÷2×3」で求められます。元のフォントサイズが「10pt」だった場合は「15pt」に設定しましょう。

書式のコピー&ペーストで他の文字もずらす

元となるずらした文字ができれば、他の文字は書式のコピー&ペーストでずらすことができます。

ずらした文字を選択し、「Ctrl + Shift + C」キーで書式をコピーします。

ずらしたい文字を選択し、「Ctrl + Shift + V」キーで書式をペーストすると文字がズレます。

ジグザグ文字の完成です。必要であれば文字間隔を調整しましょう。

クイックアクセスツールバーのインポート

ベースラインの上げ下げを効率良く行うために、当サイト推奨のクイックアクセスツールバーのインポートをおすすめします。

ベースラインの上げ下げは、文字を選択した状態でクイックアクセスツールバーの「16番:ベースラインを上げる」「17番:ベースラインを下げる」で行えます。

次のチュートリアルを参考にして設定してみましょう!

クイックアクセスツールバーをイラレ仕様に設定する
今回は、PowerPointのIllustrator化を目的とし、イラレ仕様にカスタマイズした「おす…