PowerPoint使い方講座「最短で実務レベルを習得するコース」が【無料】公開中!詳細はこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで文字のベースラインを下げて1文字ずつズラす方法

PowerPointでテキストボックス内の文字のベースラインを下げて1文字ずつズラす方法をご紹介します。

Illustratorの「文字タッチツール」ほどの機能はありませんが、PowerPointでもベースラインの上げ下げが可能です。

スポンサーリンク

文字のベースラインを下げてズラす

テキストを用意します。

ズラしたい文字を選択します。

「ホーム」タブ →「フォント」グループ → 右下の「起動ツール」をクリックします。

「フォント」ダイアログが開くので、「文字飾り」の「下付き」にチェックを入れて「相対位置:-30%」に設定し、「OK」をクリックします。「相対位置」の値は、下げる位置によって異なります。

  • ベースラインを上げたい時は、「上付き」にチェックを入れます。

文字のベースラインが下がりましたが、フォントサイズが縮小されてしまいました。

  • 上付下付文字にする機能のため、フォントサイズが縮小されます。

縮小された文字を元のフォントサイズに合うように拡大します。

元のフォントサイズに合わせる方程式は、「元のフォントサイズ÷2×3」で求められます。元のフォントサイズが「10」だった場合は「15」と入力しましょう。

書式のコピー&ペーストで他の文字もズラす

ズラした文字を選択し、「Ctrl + Shift + C」で書式をコピーします。

ズラしたい文字を選択し、「Ctrl + Shift + V」で書式をペーストします。

最後に、必要であれば字間の詰めを調整して完成です。

クイックアクセスツールバーのインポート

ベースラインの上げ下げを効率良く行うために、当サイト推奨のクイックアクセスツールバーのインポートをおすすめします。

ベースラインの上げ下げは、文字を選択した状態でクイックアクセスツールバーの「16番:ベースラインを上げる」「17番:ベースラインを下げる」で行えます。

次のチュートリアルを参考にして設定しましょう!

クイックアクセスツールバーをイラレ仕様に設定する
今回は、PowerPointのIllustrator化を目的とし、イラレ仕様にカスタマイズした「おす…