スポンサーリンク

PowerPointでアーガイルチェック柄のパターンを作る方法

PowerPointでアーガイルチェック柄のシームレスパターンを作る方法をご紹介します。

今回は秋冬をイメージしたレトロな感じのアーガイルチェック柄を作成します。

スポンサーリンク

パターンの素材を作成する

素材1

「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「図形ツール」→「基本図形」→「ひし形」をクリックします。

「高さ:3cm」「幅:1.5cm」「色:オレンジ (RGB:237,125,49)」で描きます。

続いて、「基本図形」→「二等辺三角形」をクリックします。

「高さ:1.5cm」「幅:1.5cm」「色:薄オレンジ (RGB:244,177,131)」で描き、ひし形の上下にスマートガイドの吸着を使い上図のように配置します。

最後に3つの図形をグループ化しましょう。

スマートガイドの詳細は「PowerPointのスマートガイドで図形を綺麗に揃える方法」で詳しく解説していますので、ご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointのスマートガイドで図形を綺麗に揃える方法
PowerPointで図形を綺麗に揃える方法の1つに、Illustrator同様「スマートガイド」の機能があります。整列を使わなくても揃えることができるので便利な機能です。

素材2

ひし形を「高さ:2.98cm」「幅:1.5cm」で描き、「線」の設定を以下に変更します。

  • 色:茶 (RGB:102,51,0)
  • 幅:1pt
  • 実践/点線:点線(丸)
  • 線の結合点:丸
  • ひし形を「高さ:3cm」にするとパターンが繋がらない不具合があり、「2.98cm」に調整しています。

描いた「ひし形」をスマートガイドの吸着を使い、上図のように上下に並べて配置します。

最後に2つの図形をグループ化しましょう。

素材1 + 素材2

素材1と素材2を整列で「上下左右中央」で揃えます。

以上でアーガイルチェック柄パターン素材の完成です。

パターンを作成する

正方形を「高さ:10cm」「幅:10cm」で描きます。

正方形を選択し、「塗りつぶし」の設定を以下に変更します。

  • 塗りつぶし:塗りつぶし(図またはテクスチャ)
  • 図の挿入元:クリップボードをクリック(コピーした図形が挿入されます)
  • 図をテクスチャとして並べるにチェック(図形がタイル状に並びます)
  • 配置:中央(パターンの位置調整)

素材がタイル状に並びました。

以上でアーガイルチェック柄パターンの完成です。

  • 点線をなくせば、ダイヤ型のパターンにもなります。